新居探し part.1

シリーズ2回目の今回は新居探しにフォーカスしてご紹介します。

1回目でお話ししたとおり、条件はざっくり申し上げると。
2LDK, 8万以内, 賃貸マンションです。

候補地を決める

まずは何はともあれ、「どこに住みたいか」です。
僕らは話し合いにより、お互いの通勤便を考慮して、なるべく通勤時間が同じになるようにしました。

結果、3エリア程に絞り込みできました。

物件の候補を探す

候補地が決まればいよいよ物件探しです。

賃貸物件検索サイトは世の中にたくさんありますね。
有名どころだと、HOMES、SUUMOあたりでしょうか。

気になる物件を見つけた場合は、随時Googleスプレッドシートにまとめてシェアしました。

用意した項目は以下です。

  • 物件名
  • 物件種別(今回はマンションのみなので、不要でしたね)
  • 建物の階数と物件の所在階
  • 築年月
  • 間取り
  • 物件住所
  • 地図URL(GoogleマップのURL)
  • 最寄り駅(徒歩何分かかるかも)
  • 家賃/共益費
  • 初期費用見込み
  • 契約更新料の有無
  • 駐車場代
  • 妻の職場までのルート(GoogleマップURL)と所要時間
  • 僕の職場までのルート(GoogleマップURL)と所要時間
  • 最寄りスーパーまでの所要時間
  • 最寄りコンビニまでの所要時間

※どなたかフォーマットが欲しいという方がいたら差し上げますよ(いないかな)

また、住所が公開されている物件は、Googleストリートビューで周辺を散策しておくのも良いですね。
最終的には現地に出向いて、周辺環境を見る必要がありますが、ある程度の雰囲気がつかめます。

それともうひとつ。
賃貸物件検索サイトで見つけたり、ここいいなと思って、候補の物件を不動産屋さんにあたったとしても、最終的にその物件に決まることは稀のようです。

賃貸物件検索サイトに掲載されている物件は、当然ながらタイミングによっては空きがなかったり、もしくは客寄せ物件(不動産屋さんに足を運んでもらって、別物件を紹介する等)があったりします。

そのため、候補はあくまで候補と考えておくのが賢明と言えます。

もちろん、不動産屋さんに行けば、賃貸物件検索サイトに掲載しない良い物件を紹介してもらえることもあるので、落胆することなく、楽に行きましょう。楽に。

候補が決まれば、あとは物件を扱っている不動産屋さんにコンタクトするのみです。

長くなってしまったので、続きは次の記事で。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)