結婚に伴う新生活を始めるにあたって

まずは最初に結婚について、思い出しながら、まとめてみたいと思います。

これから結婚を予定していて、「結婚を機会に引っ越します!」という方や
、特に「結婚式と引っ越しがほぼ同時」という、同じような境遇の方の参考になれば幸いです。

背景

  • 結婚に伴う新生活スタートで新居が必要だった
    • 僕は当時、実家暮らし
    • 妻は会社の社員寮
    • 以上により、新居を探すの良いとなる
  • 結婚式準備と新生活準備を同時進行する必要があった
    • 「新居での新生活スタートは結婚式後」という僕の両親の強い要望というか条件

条件

条件は二人で話し合った結果、以下となりました。

  • 賃貸マンション
    • 賃貸アパートは防音性、セキュリティ面から避けた
  • 2LDK以上
  • 家賃、共益費を含む1ヶ月あたりのコスト8万以内
  • 共働きするので、お互いに通勤の便が良いところ
  • 駐車場がある(近隣でも可)
    • 現在、車は未所有だが、そのうち所有するかもしれないので

タスク(やるべきこと)管理

引っ越しと言えば、これからの生活が楽しみな反面、やることが膨大で体力を消耗するイベントです。

特に僕らと同じ境遇(結婚式と引っ越しがほぼ同時)であれば、共感していただけることでしょう。

まずは何はともあれ、引っ越しに伴い必要になることを洗い出してみました。

  • 新居の条件を決める
  • 新居の候補を探す
  • 不動産会社を選定する
  • 新居の内見をする
  • 賃貸契約
  • 賃貸契約に伴う費用の捻出
  • 引っ越し日の目標を決める(ざっくり)
  • 引越し業者を検討する
  • 役所手続き
  • 免許の住所変更
  • 家具の選定
  • 家電の選定
  • 荷造り
  • 開梱祭り

洗い出してみると、やるべきこと、決めることは盛り沢山なことがわかりました。

ここでさっそくIT系ツールを紹介します。

これらの項目の管理はTrelloを使用しました。
Trelloとは何かについては、ググっていただくとよくわかると思うので、ここでは割愛します。

項目ごとにカードをつくり、対応状況に応じて以下のリストに分類して管理。

  • やること
    • すべてのカードはまずここに入れて貯めていく
  • 対応中
    • その項目について対応中ならここ
  • 対応完了
    • その項目の対応が完了したらここに入れる

さらに、それぞれのカードにチェックリストをつくり、進捗状況が見えるようにしたり、やるべきことが漏れないようにしました。

また、資料が必要であれば、Googleドライブに保管してTrelloのカードに添付ファイルとして紐付けたり、Slackと連携して、Trelloの変更を通知を受け取ったり。

工夫次第で膨大なタスクも順調にこなすことができるんだなと感じました。

なお、僕は仕事でもこのツールを使用しており、慣れていましたが、非IT系の仕事をする妻は初めて使うツールです。

妻が使い方を覚え、ある程度理解して使いこなせるようになるか、一つの壁となりましたが、幸いにもスマホアプリも出ていましたし、すんなりと使いこなしてくれるようになりました。

その壁を乗り越える価値はあるぐらい、Trelloは便利なツールだと思います。

長くなってしまったので、続きは次の記事で。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)